歯とダイエットの関係性。丈夫な歯が咀嚼を促進しダイエットを効果的に!

みなさん最近、歯医者行きましたか?

風邪などで病院に行くことはあってもなかなか歯医者って行かないですよね?

歯医者に仮に言ったとしても、治療が一回で終わることはほとんどないので、途中で投げ出してしまう人なんかもいるのではないでしょうか?

そんな、「歯」。実は、ダイエットにも関係があるんです。

では、その歯とダイエットの関係性についてご説明していこうと思います。

歯とダイエットの関係性

まず、なぜ「歯」と「ダイエット」が関係あるのか。

実は、この二つには共通点があるんです。

その一つに「食物繊維」があります。
ダイエットを行う上で「食物繊維」を意識して摂っているとは思いますが、この「食物繊維」実は「歯」の健康維持に役立つ栄養素でもあるんです。

食物繊維が多く含まれている食品を噛むことで、唾液が出やすくなり歯の表面を自然と磨く効果が生まれます。

もう一つは、「咀嚼」です。
ご飯をきちんとよく噛んで食べるというこは非常に大切なことです。咀嚼することによって唾液が分泌されることが歯に良い影響を与えます。それは、「虫歯対策の再石灰化を促す」ことです。虫歯菌によってエナメル質の成分が溶けだした後、唾液によってそれをもとに戻すことができます。

また唾液には殺菌効果があるため、虫歯の予防になるメリットも。また噛むという行為は歯の周辺組織にも刺激を与えるため、歯周病や歯槽膿漏などの病気予防にも繋がります。

食物繊維を多く含み、歯の健康に役立つ食品とは?

では、歯の健康に役立つ食品とは?ですよね。

食物繊維を多く含むだけではなく、歯の健康に役立つ食品としてあげられるのは、ごぼうにんじんセロリレタスなどの野菜です。

ある程度の硬さがある食品は唾液を分泌しやすくするだけでなく、顎の発達を促し、歯並びをよくする効果が見込めます。

「直接清掃性食品」

このように、普段通り食事をするだけで歯や口内を美しく保つ効果が見込め、食物繊維を多く含む食品のことを「直接清掃性食品」と呼びます。歯の健康管理には、この直接清掃性食品を味方につけましょう。

「直接清掃性食品」に「間接清掃性食品」をプラス!

歯の健康に役立つ食品の効果を高めるためにおすすめしたいのがメニューに、「間接清掃性食品」をプラスする方法です。

間接清掃性食品の代表は、梅干しレモンです。想像しただけで口の中に唾液が溢れてきませんか?実際に口に含むことで酸っぱさから唾液の量が増え、間接的に口内環境を改善する効果が見込める食品を「間接清掃性食品」と呼びます。

例えば、食物繊維たっぷりのサラダに、レモン汁を使ったドレッシングをかける。付け合わせの野菜を酢であえるなど、普段のレシピにほんの少し酸味を足すだけでOKです。

食品の中に含まれている食物繊維の効果に唾液分泌効果が加え、より強い歯をつくる環境を整えましょう。

食物繊維の多い食べ物の食べ方

食べ方については、基本的に「歯ごたえを残す食べ方」が重要になります。

つまり、「柔らかく調理しすぎない」ということです。咀嚼の必要性を必要以上に奪うことは、食事の満足度を下げて食べる量を増やしてしまいます。ただし硬すぎる食べ物は歯にダメージを与える可能性があるので、普通に咀嚼できる程度に柔らかく調理するか、できれば生に近い形で摂取することをお勧めします。

次に「就寝前に食事をしない」ということです。就寝前に食事をするということは、運動によってカロリーを消費しない時間の直前に食事をするということになります。また、就寝中は唾液の分泌が減少するので、虫歯や歯周病のリスクを高めることになります。最低でも就寝30分前以降は食事をしないようにしてください。

他にも、「歯列矯正」もダイエットに良い影響を及ぼす可能性が高いです。

歯並びが悪いと歯磨きが難しくなって虫歯や歯周病のリスクを高めます。それだけではなくかみ合わせが悪くなることで頭痛や肩こり、腰痛などの原因になる可能性があります。これらを原因としてストレスを溜めてしまい、その発散のために暴飲暴食に走ってダイエットを阻害する可能性があります。歯並びが気になる人は、歯医者で相談してみてください。

終わりに

いかがでしたでしょうか、「歯」

やはり、ダイエットする方は見た目を気にしているわけですから、「歯」も意識したいですよね。

「歯」が綺麗なだけでも意識は大きく変わりますし、周りからの視線も変わってくるはずです。

是非、意識してみてください。

では、今日も一日健康で。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

1回の通院で輝く白い歯に!【ホワイトニング東京】

Follow me!