トマトを使ったダイエット方法とは?トマトに含まれるリコピンで基礎代謝アップ

みずみずしい「トマト」って美味しいですよね。

サラダの彩りなどにも使われる「トマト」ですが、実はダイエットに非常に効果的な食材なんです。

では、その「トマト」のダイエット効果についてご説明していこうと思います。

トマトとは?

トマトは、南アメリカのアンデス山脈高原地帯原産のナス科ナス属の植物です。

私たちの生活なかで、ケチャップやトマトソース、トマトジュースなど身近なところに使われている食材です。

トマトはいつ食べる?

トマトダイエットのやり方として、トマトを夜、夕食と一緒に食べてください。

その理由は、成長ホルモンが分泌されるタイミングが22時~深夜2時までの間だからです。

成長ホルモンが活性化されることで代謝が上がり脂肪燃焼が促されます。

成長ホルモンの分泌に合わせてトマトを食べることで、成長ホルモンを効率よく分泌して寝ながらダイエットしている状態になるのです!

どの位の量を食べるの?

では、夜にトマトをどれくらい食べれば良いのか?

トマトに含まれるリコピンという栄養素を15mg以上摂ってもらいたいと思います。

その目安で言うと、

・普通のトマト 2個
・ミニトマト 16個以上
・トマトジュース 1㍑
・ホールトマト缶 100g程度

通常スーパーなどで売られているミニトマトが、1パック(重量・数量目安:約12~20個前後、約100g~200g前後)となっているので、夕食の時にミニトマト1パックを食べることが手軽で簡単でおススメしています。

完熟どれ 1.8kg×1箱 無選別 高糖度ミニトマト フルーツトマト 宮崎県門川産

トマトの食べ方

トマトの食べ方に決まった定義はありません。

上記のリコピンを15㎎摂ってもらえればどのような食べ方でも大丈夫です。

ミニトマト1パック食べるだけでも良いですし、これを機会に家で自炊としてトマト料理を作ってみるのもありだと思います。

今はcookpadという素晴らしいサイトがあるのでそこでトマト料理を検索してみてもいいかもしれません。

トマトの効果は?

夜にトマトを食べることで基礎代謝をあげ痩せやすい体質をつくってくれます。

また、トマトに含まれるリコピンや食物繊維、ビタミン・ミネラルの栄養素が、悪玉コレステロールを減らしてくれて血液をサラサラにして、肌の状態を良くしてくれますので、美容にもいいですし血液サラサラになることで健康にも良くなります。

どの位の期間続けるもの?

では、この夜トマトどの位続けるかですよね?

これは長期的に考えて頂きたいです。

というのも、カラダの細胞は60日間のサイクルで、3ヶ月前の生活習慣が今を作っています。ですので理想は6ヶ月、できれば3ヶ月以上は続けましょう。

「継続は力なり」です。3ヶ月って長くかかるように感じますが、食べるだけなので手軽で簡単ですよね。これに合わせてご自身の生活習慣の改善もセットで行うとさらにダイエットに効果的です。

終わりに

いかかでしたでしょうか、「トマトダイエット」

このトマトダイエットの注意点は、トマトを食べてカロリーを減らすという考え方ではなく、トマトを食べることによって基礎代謝をあげ、痩せやすい体質をつくるという点にあります。

ですので、トマトを食べる+適度な運動というのが大切です。

ただ単に、トマトを食べてるだけでは食物繊維によって便通が良くはなりますが、日々体重が減り続けることはありません。

ですので、駅のホームを階段で降りるや、会社ではなるべくエレベーターを使わないといった身近なできるところから運動をすることをおススメします。

ちなみにこのトマト、家庭菜園としても良いですよ。

苗を買ってきてベランダなどの小さなスペースで作ることができます。

しかも、成長の具合が半端ないです!みるみるうちにたくさんのトマトが手軽に簡単にできます!是非、一度試してみてください。

【てしまの苗】接木トマト/フルティカ   9cmポット

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

では、今日も一日健康で。

手ぶらで行けるサポート付き貸し農園【シェア畑】

Follow me!