スクワットで下半身を鍛えることで基礎代謝アップ!

下半身を鍛えることは非常に大切なことです。

腕立て、腹筋、背筋、スクワット。自宅でやれる筋トレといったら主にこの四種類になると思います。

でも、この中で優先順位と言ったら、

①腹筋
②腕立て
③背筋
④スクワット

みたいな感じじゃないでしょうか?

下半身の筋トレを行わない人って結構多いんですよね。でも、下半身の筋トレってものすごく重要なんです。

では、下半身の筋トレ「スクワット」に着目してご説明していこうと思います。

 

スクワットとは

スクワットとは、上半身を立てたまま行う、ひざの屈伸運動のこと。

筋トレをしていて、スクワットを知らない人はいないでしょう。

スクワットは下半身を鍛えることは勿論、体幹も自然と鍛えることができるのです。

 

スクワットの重要性

なぜ下半身の筋トレ、スクワットが大事だと思いますか?

それは、下半身の筋肉は人間の筋肉の3分の2を占めているといわれているからなんです。

つまり、下半身を鍛えないと、全体の筋肉も増えていかないということになります。

下半身が筋肉全体の3分の2をしめているので、結果下半身を鍛えることで、基礎代謝があがり今まで以上に脂肪を燃焼することができるようになるんです。

筋トレもバランスが大切なんですね。見た目を気にして上半身や腹筋だけやるのではなく、下半身もきちんと鍛えましょう!

 

スクワットのやり方①

ダイエットに必要な代謝アップ、シェイプアップは筋肥大(筋発達)によるものです。

筋肥大が目的のトレーニングは1セット6~12回(最大筋力の70~80%)くらいが効果的だといわれています。

6~12回で限界を感じるくらいの負荷で、1セット6~12回を3~6セット行います。

1セット行うごとに30秒~90秒のインターバルをとりましょう。

これは、ジムなどでやるやり方ですね。

 

スクワットのやり方②

もう一つのやり方としては、すきま時間に行うスクワットです。

朝食のパンが焼けるまでの時間に、歯磨きしながら、帰宅して夕食を温めている間に、テレビを見ながら、音楽を聴きながら、といった感じですきま時間に行うのです。

特にテレビを見ながらのスクワットはかなりの回数をこなすことができるのでおススメですね。

自宅で行う際はバランスクッションなどを利用するのも良いと思いますよ。

どちらが正解というわけではないと思うので、ご自身にあったやり方で継続して頂ければと思います。

 

スクワットマジック

ここでおススメ商品をご紹介。

「スクワットマジック」は、座るだけで簡単にスクワットができてしまう優れものなんです。

シートがトランポリンのように身体を支えてくれるので楽にスクワットができます。

シートのサポート強度は、自分に合った強度に変更可能。しかも軽量コンパクト。持ち運びラクラクで収納にも困りません。

おススメの一冊

我流ではなく、何かを参考にしたいと思ったらこの本がおススメです!

「1日3分スクワットだけ! 正しいやり方で時短・超速ダイエット! 」

忙しい人でも1種目で全身運動ができ、驚くほど効果がある“正しいスクワット”が紹介されています。

高負荷低回数だから時間もかからず、必ず効果のあるスクワット法のやり方と、そのさまざまなメリットが写真、イラストで表現されているのでわかりやすいです。

トレーニングはつらい、時間がかかる、というイメージも強いですが、プロフェッショナルが教えるスクワットなら、無駄に回数をこなす必要がありません。

今までのスクワットの常識が変わりますよ!

終わりに

いかがでしたでしょうか、「スクワット」

ジムへ行って本格的に行っても良いですし、家ですきま時間に行っても良いと思います。

大切なのは、「継続」することです。

是非、スクワットを日常生活の中に取り入れてもらえたらなと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

では、今日も一日健康で。

自由な人生を手に入れる教科書

Follow me!