お手軽で簡単、毎朝の朝食カレーでダイエット。

日本人なら誰もが知っているであろうプロ野球選手イチロー。

イチロー選手は先日、シアトル・マリナーズ球団会長付特別補佐というポジションに就任し、今後は外野、走塁、打撃をサポートし、選手とスタッフに対してアドバイスする役割を担うようです。今シーズンはベンチ入りはできず、試合にも出ることができないのですが、これまで通りロッカールームを使い、他の選手とともにユニホームを着て練習ができるとのこと。

そんな野球界のレジェンド・イチロー選手といえば様々な「ルーティンワーク」(決まった手順で繰り返し行われる定常作業)がありますがその中の一つに毎朝の朝食に弓子夫人の作ったカレーを食べるというのがありました。(今はやめているそうですが。)

イチロー選手が長年続けてきた朝食カレー。これって一般人の私たちにも手軽にやれることなので是非おススメしたいと思います。

おススメポイント① 手軽で簡単

ズバリ手軽で簡単であること!これに尽きると思います。

ダイエットを含め健康的に日々を過ごすならやはり毎朝きちんとご飯は食べてもらいたいと思います。理想は1汁3菜ですがそれも毎日多忙な現代人にとってはなかなか難しいこと。そんな方々におススメするのが「レトルトカレー」です。

わざわざ「ルー」からつくらなくても「レトルト」で十分です。

しかも今は「ルー」よりカレーを個別に選ぶ「レトルト」の時代になりつつあります。食べる人の好みに合わせて1人分ずつ違う味が買えるのが良いですよね。

おすすめポイント② 量が多すぎない

量が多すぎない。

これもおすすめポイントです。

ヱスビー食品さんの「食べ方チョイス」140円では容量が75グラムと従来品の約3分の1となっているのです。

6つの味から好きな味のカレーを複数選びあいがけにして食べるなど、一度に色々な味を楽しむことができます。

おすすめポイント③ 種類が豊富

レトルトカレーシェアトップのハウス食品さんは20年前と比べてレトルトカレーの種類を倍増させており、22種類目となる最新作を発売しました。その名もスパイスフルカレー

唐辛子やパセリなど六つのスパイスを振り掛けて食べる「スパイスフルカレー」324円

なかなか家で「スパイスを砕いて油で炒る」という自分でできない調理法を使ったカレーをレトルトで簡単に食べれます。

朝食カレーのメリット

カレーに使われるスパイスには、漢方で使われる生薬と同じものが多くあります。それぞれのスパイスがもたらす効果はもちろんのこと、カレーダイエットの魅力はたくさんのスパイスを一緒に摂取することによって起こる相乗効果にあります。

新陳代謝が良くなり、脂肪を分解したり便秘を解消してくます。また、温かいカレーを食べることで冷え性の改善と免疫力アップにもつながります。

朝食カレーのやり方

この朝食カレー毎朝カレーを食べるのではなく、何点かポイントがあるのでそれをお伝えしたいと思います。

その①
朝食カレーは2~3日置きにしましょう。これは胃に負担をかけないためです。

その②
ご飯の量は少なめに。白米の場合はなるべく少量にし、ご飯の代わりに食物繊維がたっぷりのおからにしたり、健康にも良い五穀米や雑穀米、玄米にしたりしましょう。

その③
食べるのはあくまでも朝食。夕食にカレーを食べるのはダイエットに逆効果です。カレーはカロリーの高い食べものです。カレーダイエットが目的のときは、あとは寝るだけになった夜の時間帯には食べないようにしましょう。

終わりに

いかかでしたでしょうか、「朝食カレー」

カレーライス美味しいですよね。忙しい朝でもレトルトカレーなら簡単に用意できますし、食べやすいはず。

朝から血流を促す効果の高いカレーを食べることで、交感神経へ速やかに切り替えができ、脳も体も目覚めて活性化することで、ダイエット効率がアップします。

是非、一度試してみてください。

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

では、今日も一日健康で。

【27品目アレルゲンフリーカレー】香料・着色料・化学調味料無添加

Follow me!