冷ましたお湯を飲むだけで痩せ体質になれる「白湯ダイエット」

突然ですが、「白湯」ってなんて読むかわかりますか?

正解は、「さゆ」です。

「白湯(さゆ)」とは、一度沸騰したお湯を50度前後まで冷ましたお湯を指し、湯冷ましとも呼ばれています。

単純に言うと「お湯」ですね。

ちなみに余談ですが、この「白湯」ですが医療現場や日常生活では「さゆ」と読まれることがほとんどですが、ラーメン業界では「ぱいたん」と読み、動物や魚介の骨を、白濁するまで高温でゆで続けることによって作られるスープを指します。

さらに、詩吟や漢文などをたしなんでいる方の場合は、あえて白湯=はくとうと読むことがあるそうですよ。

この日常生活で使われる「白湯」は、実はダイエットに非常に効果的なんです。

シンプルな「お湯」を飲むだけのダイエット!

それでは、そんな「白湯(さゆ)」のメリットについてご説明していこうと思います。

プレミアムウォーター

 

 

白湯とは?

「白湯」つまり、お湯です。

一度沸騰したお湯を50度前後まで冷ましたお湯を指し、湯冷ましとも呼ばれています。

 

 

脂肪燃焼率アップ

白湯を飲むことで胃腸などの内臓機能を温めることができるので、飲んだ直後から全身の血の巡りがよくなります。

内臓温度が1℃上がると基礎代謝も約10~12%上がるので、脂肪燃焼効率がよい=痩せやすい体になるわけです。

 

 

老廃物を排出

白湯を飲んで内臓機能が温められることで内臓が活発に働くようになり、消化作用を促進します。

結果、体内の老廃物を体の外に押し流す力がパワーアップ!

老廃物が一掃されれば、肝臓や腎臓などの機能がさらに活発になるので、体内の浄化にも役立ちます。

 

 

余分な水分を排出

白湯を飲むと、血液やリンパの流れがよくなり、体内で滞っていた余分な水分を尿として排出してくれます。

結果、尿量の増加とともに体重も減少。

便秘やむくみ解消にも効果が期待できます。

 

 

白湯の作り方

では、「白湯」の作り方についてです。

白湯をつくるのによく推奨されているのが、やかんに水を入れて火をつけましょうバージョンです。

でも、最近の家庭はIHが主流の時代ですし、火を使うことってあまりないですよね?

そこで私がおススメしたいのは、ウォーターサーバーです。

ウォーターサーバー使ったことありますか?

これってめちゃくちゃ便利です!

水もお湯もすぐ利用できるからです。

仮に毎朝「白湯」を摂取しようと思った時に、毎日やかんやケトルでお湯を沸かすこと想像してみてください?

ちょっとめんどくさいなって思いません?

何事も手間をかけずシンプルに行えることが「継続」できる秘訣だと思います。

ウォーターサーバーなら手間暇かけず朝の忙しい時間を有効活用できます。

富士山のバナジウム天然水、プレミアムウォーター



 

白湯の飲む量

では、「白湯」を一日どれくらい飲めばいいのかって気になりますよね。

それは、ズバリ800mlを目安にしましょう。

一日摂取した方が良いと言われている水分量が、1.5ℓから2ℓと言われているのでその中の800mlを「白湯」として摂取しましょう。

なぜ、800mlなのかというと、白湯は体への水分吸収率がよいので、飲み過ぎるとむくんだり、体に必要な栄養素までが流されてしまうこともあるからなんです。

ですので、飲み過ぎにだけは注意しましょう。

 

白湯の飲むタイミング

一番のおススメは、寝起き、朝食、昼食、夕食、就寝前、一回160mlで計800mlです。

でもこれってあくまでも理想なんで、まずは寝起きの一杯からでも良いと思います。

寝起きのコーヒーを、寝起きの白湯に変えるだけでもだいぶカラダに変化が現れると思います。

その際に、ココナッツオイルやしょうがを加えてみてもいいかもしれません。

純粋な「お湯」にこだわる必要はありませんよ。

カラダに優しいものを取り込むイメージで白湯を飲んでみましょう。

有機JAS認定ココナッツオイル【ハンズオーガニックエクストラバージンココナッツオイル】



 

終わりに

いかがでしたでしょうか、白湯ダイエット

「白湯」飲んだだけでカラダに変化起きるの?って思う方もいるかもしれません。

でも、人間のカラダって私たちが思っている以上に非常に繊細かつ神秘的なんです。

たった一杯の朝の「白湯」があなたのカラダを変えてくれるかもしれませんよ?

是非、一度試してみてください。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

では、今日も一日健康で。

【サーバーレンタル料無料】プレミアムウォーター



Follow me!