「QOL」クオリティ・オブ・ライフを高め、生活の質を高めましょう!

「QOL」って言葉聞いたことありますか?

「QOL」とは、クオリティ・オブ・ライフ(英: quality of life、QOL)といい、一般に、ひとりひとりの人生の内容の質や社会的にみた生活の質のことを指します。

つまりある人がどれだけ人間らしい生活や自分らしい生活を送り、人生に幸福を見出しているか、ということを尺度としてとらえる概念です。

QOLの「幸福」とは、身心の健康、良好な人間関係、やりがいのある仕事、快適な住環境、十分な教育、レクリエーション活動、レジャーなど様々な観点から計られ、またQOLには国家の発展、個人の人権・自由が保障されている度合い、居住の快適さとの関連性も指摘されています。

「QOL」の考え方

そもそもこの「QOL」は、不快に感じることを最大限に軽減し、できるだけその人がこれでいいと思えるような生活が送れるようにすることを目指した、医療の考え方のことです。

「QOL」をあげるには?

ストレスがQOLを下げてしまいます。このため、できる限りストレスを軽減させてあげることが大切です。

何から手をつけていいかわからない場合は、コミュニケーションをとるようにしましょう。

頼れる人、リラックスできる人がいるだけでQOLの向上につながります。

QOLって何だろう?

医療や介護の現場で患者が今の生活の満足度を一言で表現するのに最も適切な言葉として使われる「QOL」ですが、普段の私たちの日常生活の中でもこの、「生活の質」というのは拘る必要はあるのかなと思います。

難しいテーマですが、以下の

「QOLって何だろう (ちくまプリマー新書) 新書 – 2018/2/6 小林 亜津子 (著)」

で、非常に分かりやすく書かれており、読みやすいです。

終わりに

いかかでしたでしょうか、「QOL」

生命の質や人生の質、人格の質など精神的な自己実現を得るための指標の「QOL」。

個々の日常生活を充実させ、幸福感や生きがいを自ら発見し、人間らしく生きていくために必要な考えかなと思います。

なので、普段の生活の中で少し意識してみてはいかかでしょうか?

今までの中の自分に対して何か変化があるかもしれません。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

では、今日も一日健康で。

QOLって何だろう (ちくまプリマー新書)

Follow me!