雑穀の一種「きび」とは?

アジア発祥のきびは、小麦とほぼ同量のタンパク質を含む上にグルテンフリー。

体の健康にいいビタミンB群、カルシウム、鉄分も豊富です。

では、そんな「きび」についてご説明していこうと思います。

 

きびとは?

きびとは雑穀米のひとつで、もちっとした食感とコクのあるたんぱく質が豊富な穀物です。

紀元前新石器時代からの人類の食用穀物で、中国の華北地方では、アワとともに古代の主要穀物でした。

日本には縄文時代に渡来したアワより遅く、弥生時代に渡来したと考えられています。

『万葉集』にキビの記述があるとおり日本では古くから親しまれており、童話『桃太郎』の作中に登場するキビダンゴは皆さんも知ってますよね?

 

きびの特徴

生長すると草丈1メートル程度になり、夏から秋にかけて茎の先に20センチメートル程度の穂ができ、垂れ下がります。

秋に花が咲き、黄色い実がなる。実が黄色であることから、「黄実(きみ)」→「きび」となったとするのが有力な語源説です。

実はアワより少し大きく、アワ同様、うるち種ともち種があります。

 

きびの栄養

穀物の中で一番低カロリーと言われ、良質なミネラル・たんぱく質を含み、特に鉄分・亜鉛・マグネシウムが多く含まれます。

白米と比べて食物繊維約3倍、カルシウム約2倍、マグネシウム約4倍、鉄分約3倍、カリウム約2倍です。

良質のたんぱく質、ビタミンB群、鉄分、ミネラル、食物繊維が多いにも関わらず低カロリーというのが嬉しいですよね。

 

きびの食べ方

ご飯に混ぜて炊いたり、すぐ火が通るのでスープや煮物に加えたりと、様々な料理に使える万能穀物です。

炊飯器で炊く場合
お米に対して1-2割まぜて炊いてください。 水加減は1-2割ほど多めにしましょう。

ごはんに混ぜて炊くと、たまごの黄身に似たきれいな黄色となり、コーンのようなほのかに甘い香りがします。

さらに、ふんわりと軽い食感が特徴です。

終わりに

いかがでしたでしょうか、「きび」

ご飯に混ぜて炊くと、色も黄色で良いアクセントになると思います。

きびはもちもちしているので、麦ごはんのようなパサつきやすいものに炊くときに入れると、モチモチになって麦ごはんが食べ易くなりますよ。

是非、一度試してみてはいかかでしょうか?

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

では、今日も一日健康で。

国産(北海道) もちきび 1kg チャック付

Follow me!