ダイエットにおすすめの「おでん」の食べ方

最近急に寒くなってきましたね。

寒い時におススメのダイエット食品は、「おでん」です。

コンビニなどでも手軽に買える「おでん」は、ダイエットの主食としてはもちろん、お腹が空いた間食や夜食、食前に食べることで食べ過ぎ防止にもつながります。

それでは、そんなダイエットに適した「おでん」の食べ方をご説明していこうと思います。

おでん ダイエット

 

おでんとは?

室町時代に流行した「豆腐田楽」。

その後、進化を続けたおでんは、江戸時代にはファストフードとして江戸庶民に愛され、やがて煮込みおでんへと変化していきました。

さらに屋台や居酒屋で食べる料理から家庭で食べる料理へ。

そうして、おでんは現代の定番料理となったのです。

 

 

おでんで痩せる理由

おでんの何がいいのかと言うと、水分量が多いのでお腹がふくれやすい。

つまりは普通の食べ物より食べ過ぎる心配が少ないと言えます。

大根やこんにゃくなどの中心に食べるとカロリーも低いですし、食物繊維もあるので便秘解消にも一役買ってくれます。

 

 

おでんのカロリー

カロリーは以下の通り。からしをつけて食べると体も温まってなお良いですよ。

おでんのカロリー順

1位 昆布巻7.5kcal
2位 こんにゃく8.8kcal
3位 しらたき10kcal
4位 ダイコン12kcal
5位 玉こんにゃく串13kcal
6位 牛すじ32kcal
7位 はんぺん38kcal
8位 ごぼう巻47kcal
9位 つみれ52kcal
10位焼ちくわ56kcal

出典:https://nkbp.jp/1zofY4V

反対に、ソーセージ、餅巾着、がんもどき、つくね、厚揚げなどはカロリーが1つで100kcalを超えてしまうので注意が必要です。

 

 

おススメの食べ方

おでんの中でダイエットにおススメなのは、

だいこんこんにゃく(しらたきでもOK)、昆布巻きです。

この3種セットがダイエットの強い味方です!

 

 

食べる量は?

食べて良い個数ですが、食事や軽食として利用する場合、オススメの量は3個~7個程度が理想的。

主食というより、補食的な感じで捉えてもらったほうがいいかもしれませんね。

また、おでんだけでは栄養バランスも調えきれないので、他の食品で上手に補いましょう。

さらに、おでんは水分も多いので、良くかんで食べれば食べ応えも十分あります。

なのでお腹がすいて困った時に間食として利用する。

もしくは食前に何個か食べる事でドカ食いを防ぐ。

こういう食べ方もアリだと思いますよ。

 

 

温めるだけで、手軽におでんが楽しめる

おススメのおでんは紀文さんの「温めるだけで、手軽におでんが楽しめるおでん」です。

おでんの具がバランスよく入っており、温めるだけで手軽に食べれるのが特徴です。

だいこん、こんにゃく、昆布巻きの他に、たまごなどベーシックな7種のおでんです。

温めるだけで、手軽におでんが楽しめる おでん一人前 12パック



 

終わりに

いかがでしたでしょうか、「おでん」

おでんは寒い季節の定番で、手軽に買うことができます。

だいこん、こんにゃく、昆布巻きの他にも、たまご、はんぺん、つみれ、大豆製品(がんも、厚揚げ)はタンパク質のおかずとして食べると良いですよ。

是非、おでんを買う時に参考にしていただけた幸いです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

では、今日も一日健康で。

紀文オンラインショップ



Follow me!