安価で手軽に購入できる納豆はダイエットにも最適な食材です!

最近「納豆」って食べましたか?

最近、納豆が27年ぶりに値上げされましたが、それでもまだまだ安価で手軽に食べれる納豆は食事のお供として重宝してもらいたい食材です。

では、この「納豆」。いかに体に良いのかをご説明していきたいと思います。

納豆とは?

納豆とは、大豆を納豆菌によって発酵させた日本の発酵食品です。

発酵食品とは、食材に対し微生物の働きや、酵素の働きからなる変化が成された食品で、発酵させることで、うま味が増し、保存性や栄養成分も高まる素晴らしいものなんです。

納豆の歴史

「納豆」という語句が確認できる最古の書物は11世紀半ば頃、藤原明衡によって書かれた[新猿楽記]です。

約1000年前にはもう日本では納豆が作られ食べていたんですね。

ものすごい歴史を感じさせてくれます。

納豆をおススメしたい理由①

それはズバリ、体に必要なたんぱく質をとることができるからです。

1日の必要たんぱく質の摂取量は体重1㌔に対して大体1.0gです。これで計算すると、体重60kgだとしたら【60×1.0=60g】となります。

納豆1パック約17gのたんぱく質を含んでいるので、これだけでもかなりのたんぱく質を摂取することができます。

また、納豆をつくる大豆は「畑の肉」とも呼ばれるほどたんぱく質が豊富なんです。

納豆をおススメしたい理由②

納豆に含まれるたんぱく質が、植物性たんぱく質だからです。

文字通り、植物に含まれるたんぱく質のことを植物性たんぱく質と呼んでいます。

植物性たんぱく質はダイエットの際に気になりがちな油脂をほとんど含んでいないため、低脂肪・低カロリーの食事を摂ろうとした時には理想的なたんぱく質です。

納豆の効果

納豆には、悪玉コレステロールの低下、高血圧予防、便秘改善、脳の活性化、脳梗塞や心筋梗塞の予防など様々な効能があります。

納豆菌

納豆には納豆を作り出す菌「ナットウキナーゼ」という成分が含まれています。

「ナットウキナーゼ」は、血栓を溶解する作用があり動脈硬化の予防が期待できます。

また、ビタミンKが豊富で骨の強度が低下して、骨折しやすくなる骨の病気である「骨粗鬆症」の予防にも効果があります。

納豆1パック(40g)にビタミンkは240μgも含まれています。

終わりに

いかがでしたでしょうか、「納豆」

炊き立てのご飯に納豆!最高に美味しいですよね。

納豆も調理いらずで手軽に簡単に購入できるという点がおススメです。

忙しい朝、パンとコーヒーで朝食を済ませてしまっているかたは、是非、ごはん、みそ汁、納豆という簡単なものでもいいので朝食を摂ってもらいたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

では、今日も一日健康で。

九州産大豆100%使用【そのもの納豆】

高級納豆専門店【二代目福治郎】

Follow me!