朝たまごダイエット。朝食にたまごを食べましょう!

皆さんは毎朝きちんと朝食を摂れていますか?

忙しい現代でなかなか朝食を摂れないという方も多いかもしれません。

しかしながら、ダイエットをしたい!痩せたい!と思うのであれば、まずは朝食を食べることから始めましょう。

その朝食に必ず付け加えてもらいたい一品があります。

それが「たまご」です。

たまごを朝食に摂ることによって、ダイエットの効果が高まります。

では、そんな「朝たまごダイエット」についてご説明していこうと思います。

 

朝たまごダイエットとは?

朝たまごダイエットとは、普段の朝食にプラス、たまごを食べるというものです。

朝食に卵を食べることで「痩せるカラダ」をつくるのです。

朝からしっかりたんぱく質をとることで筋肉量もキープでき、ダイエットの効果が高まります。

朝食にたまごだけを食べるダイエットではないのでお間違えないように!

 

朝たまごダイエットのやり方

やり方は至ってシンプルです。基本ルールは以下の3つ。

 

①朝食に1~2個の卵を食べる
60gの卵1個で、たんぱく質が約18%、脂質の代謝に不可欠なビタミンB2が26%もとれます。

②野菜をとる
朝たまごダイエットとは、朝食にたまごだけを食べるダイエットではありません!

卵は必須アミノ酸や脂質、ビタミン、ミネラルなどをバランスよく含む食品ですが、ビタミンCと食物繊維が含まれません。

ですので、野菜や果物もしっかり食べるようにしましょう。

③間食を減らす
栄養たっぷりの卵を朝に食べれば「グレリン」という食欲を高めるホルモンの分泌が抑えられ、また、食欲を抑える働きがある「PYY」というホルモンの分泌を高めることもできるので、空腹感をあまり感じなくなります。

結果、間食をあまり摂らなくても済むようになります。

 

朝たまごダイエットの効果

満腹感を高め、筋肉の維持に役立つ卵。

必須アミノ酸にビタミンA、B2、B12などの7種のビタミン、鉄や亜鉛などのミネラルもとれる卵は、食事を減らして栄養が偏りがちなダイエット時にぴったりです。

また、「卵=コレステロール」というのは昔の話。

多少卵を食べても体内コレステロールに影響がないことが分かってきました。

それどころか卵白にはコレステロール吸収を阻害する働きもあるんです。

 

終わりに

いかがでしたでしょうか、「朝たまごダイエット」

私のおススメとしては、朝にたまごを摂るならば

たまごかけご飯
究極のTKG (たまごかけごはん)

寺岡有機醸造 寺岡家のたまごにかけるお醤油 150ml

ゆでたまご
SOLEIL(ソレイユ) 電気たまごゆで器 SL-25

がおススメです。手軽で簡単ですからね。

究極は生卵をコップに割ってそのまま飲むのもありです!

朝から手の込んだたまご料理をつくるのではなく、たまごを継続的に食べ続けることが大切。

是非、日々の朝食で意識してみてください。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

では、今日も一日健康で。

熊本産新鮮たまご 白 50個入

トウ・キユーピーの卵黄コリン!

Follow me!