海外で今大注目のジャパニーズスーパーフード「味噌」

皆さんは最近「みそ汁」って飲まれましたか?

最近は、塩分が気になったり、つくるのに手間だったりと飲まれてない方も多いと思います。

でも、この「みそ汁」に使われている「味噌」は、日本発 世界に誇るスーパーフードであることってご存じでしたか?

味噌は、大豆・麹・食塩を混ぜ合わせて発酵熟成させたもので、よく熟成された味噌には素晴らしい栄養価があります。

味噌には多くの栄養素が含まれており、「医者要らず」と呼ばれるほど、健康効果の高い食品と言われているんですよ。

それでは、そんな「味噌」について詳しくご説明していこうと思います。

マルモ青木味噌


味噌とは?

味噌は、大豆や米、麦等の穀物に、塩と麹を加えて発酵させて作る発酵食品で、日本の伝統的な食品の一つです。

日本料理の代表的な材料として日本国外にも知られており、海外でも注目されている日本のスーパーフードです。

マルモ青木味噌醤油醸造場

味噌 みそ ミソ 調味料 食べ物 味噌蔵 樽 桶 熟成 麹 麹菌 仕込み 発酵 こうじ 味噌作り 味噌づくり


味噌の健康効果

味噌には沢山の栄養が含まれており、多くの健康効果が期待できますが、その中で特に注目したいのが下記の3点です。

・便通をスムーズにしてくれる
・基礎代謝をUPさせてくれる
・コレステロールを抑えてくれ

さらには新陳代謝も促進されるのでダイエットをサポートするにはおススメの1品なんです。


みそ汁を飲んでも血圧には影響なし

みそ汁が飲まれなくなったのは、塩分のとりすぎにより血圧の上昇を気にする方が増えたからだと思います。

しかしながら、味噌汁の摂取量と血圧の関係性について、東京都内にある病院の人間ドックを受診した現在治療中の者を除く男性102名を調査をした結果、味噌汁の摂取頻度と血圧の間にはあまり関連性がないことがわかりました。

血圧の上昇を気にして、味噌汁を減らすことはあまり意味のあることではないのです。

健康維持や生活習慣病予防に効果があると言われている日本の発酵食品の代表ともいえる「みそ」「味噌汁」を積極的に摂った方が良いようです。


終わりに

いかがでしたでしょうか、日本のスーバーフード「味噌」

朝食、昼食、夕食のいずれかで1日1杯「みそ汁」をとるだけで生活習慣は改善されていきますよ。

本当は朝に朝食の1品としてとれれば良いですが、それが難しいなら昼食を食べるときは「みそ汁」つきの定食などにすればそこまで難しくはないと思います。

是非、1日の中で味噌をとる習慣をつけてみてはいかがでしょうか?


最後まで読んで頂きありがとうございました。

では、今日も一日健康で。

創業80余年のこだわりが生む、信州で作る本物の生味噌【マルモ青木味噌醤油醸造場】

Follow me!