世界の最新医学が証明した 長生きする食事

本日のお勧めの一冊

「世界の最新医学が証明した 長生きする食事」

日本人初の米国アンチエイジング学会認定医 満尾正【著】

糖尿病、認知症、肥満、心臓疾患になる前に知っておくべき、医学的に正しい食べ方とは?

ハーバードで栄養学を学んだ医師が教える病気にならない食習慣のすべて!

だれも“老い”から逃げることはできません。

しかし、同じ年齢でも
・5~10歳は若く見える
・いつも元気で具合が悪い様子を見たことがない
・好奇心旺盛で活動的
・心臓、脳、骨、血管のどこにも異常がない
・頭がはっきりしていて物覚えがよく物忘れもしない
というような人がいます。

この差はいったい、どこからくるのでしょうか?

「〇〇だけを食べれば解決する! 」
「〇〇さえやれば、病気にならない! 」
そんな次から次へと現れる健康法に翻弄されて、「いったい何がいいのかわからない! 」という人は多いことでしょう。

本書は、そんな方々のために、最先端の科学的な裏付け、特に抗加齢医療の知見をもとに、元気に長生きするための正しい食習慣をご紹介するものです。

年齢を重ねながらも体の若々しさを維持する方法は、最新科学で次々と判明しています。そのなかで、大きなウエイトを締めるのが、
本書で紹介する食事なのです。

先にあげたような“健康格差”は、60歳を超えるとさらに加速します。

何を食べて、何を食べないかという選択が
肥満になるかどうか
病気になるかどうか
見た目に老けるかどうか
の大きな分かれ道となるのは間違いありません。

・規則正しく食べなくていい
・食べると太る時間帯、太りにくい時間帯がある
・血糖値を上げない食べ方
・性ホルモンを維持する食べ物
・スナック菓子、清涼飲料水は“飢餓感”を起こす
・風邪からガンまで防ぐスーパービタミン
・糖尿病、認知症予防の薬になるオイルとは
・野菜は一日4色食べる
・コレステロール値は食べたものに栄養されない
・ビールで尿酸値が上がるというウソ
などなど、
科学的な裏付けのある、正しい食事法こそ、あなたの体を生涯守る、心強い薬となるはずです。

Follow me!