睡眠不足はダイエットの敵!?ダイエットと睡眠の関係性について

寝不足はダイエットの敵!?

ダイエットと睡眠は実は関係があるんです。

では、そんな「睡眠」についてご説明していこうと思います。

睡眠とは?

睡眠とは、眠ること、すなわち、周期的に繰り返す、意識を喪失する生理的な状態のことです。

人の眠りには「レム睡眠」(脳は起きていて体が眠っている睡眠)と「ノンレム睡眠」(脳も体も眠っている睡眠)の2種類があり、それを繰り返しながら眠っています。

成人は(健康な人では)一晩で6〜9時間の睡眠を必要とします。

 

熟睡のポイント

睡眠は寝る時間も大切ですが、その質も重要となってきます。

では、熟睡するポイントをいくつかご紹介したいと思います。

・睡眠サイクル(体内時計)を固定する。特に起床時刻を一定にすることが重要。毎日起きる時刻に本物の日光(太陽の光)を浴びることで、次回に眠りに入るタイミングがセットされるように体内時計ができているので、起床時に太陽の光を浴びることをあなどらず、面倒でも必ずしっかりと日光を浴びることです。

・寝る数時間前に運動や入浴をして体温を上げることで、眠りに就くときに体温が急激に低下します。これを利用すれば眠りに入りやすくなります。

・寝る予定の30分〜2時間前から照明をしっかり暗くすることでメラトニンの分泌を促しましょう。

・毎日の食事で炭水化物とたんぱく質(トリプトファン)をしっかり摂取すること。トリプトファン摂取→セロトニン合成&分泌→メラトニンができるのです。

・入眠ニューロンは体温の上昇によって活動が亢進するため、入眠前に入浴をすることや入眠時に寝室を暖かくすることは有効です。

 

寝不足による弊害は?

睡眠時間が短い人は、血中の食欲を抑えるレプチンが少なく食欲を増進させるグレリンが多い傾向になります。

レプチンとは、痩せホルモンと呼ばれエネルギーの消費を高め、食欲を抑えてくれます。

しかしながら、睡眠時間が短くなると減ってしまうのです!

グレリンとは、肥満ホルモンと呼ばれ食欲を増やす働きがあり脂肪組織を増加させます。

しかしながら、睡眠時間が短くなると増えてしまうのです!

その結果、睡眠時間が短くなるほど食欲が亢進しやすく肥満になるリスクが高くなるのです。

おススメのサプリメント

寝不足によって減る痩せホルモン(レプチン)を逆に増やすことで、食欲を抑えられ痩せ体質になることができるサプリメントがあります。

その名も「夜ふかしさんのためのダイエットサプリ」です。

睡眠不足の方は、食欲のブレーキの役割の痩せホルモン(レプチン)が約15%少なく、食欲のアクセルの働きをする肥満ホルモン(グレリン)が約15%高くなっており、食欲が過剰になっている状態です。

この2つのホルモンは、食欲以外にもエネルギー代謝や脂肪の蓄積、リバウンドの原因にもなっております。

この2つのホルモンを制することがダイエットにとってとても重要です。

そこで、生活習慣を変えることが難しい現代人の為に、痩せホルモン(レプチン)を増やし、肥満ホルモンを減らす特許成分(酵母ペプチド)を配合したサプリメントを開発されました。

1日2錠を水などと一緒にお召し上がりください。

終わりに

いかかでしたでしょうか、「睡眠」

忙しい現代人にとって睡眠不足になりがちなのは仕方がないことなのかなとは思います。

でも、その睡眠について「レプチン」と「グレリン」のことを頭の片隅に置いておくだけでも睡眠の質は変わってきます。

サプリメントなどをうまく活用して「質」の良い睡眠を心掛けていきましょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

では、今日も一日健康で。

夜ふかしさんのためのダイエットサプリ

マカの6.2倍のアミノ酸量!希少成分ウツボ配合

Follow me!