こんにゃくはローカロリーでダイエットに最適!こんにゃくダイエットの効果的なやり方とは?

「こんにゃく」最近食べましたか?

こんにゃくと言えば、おでん、豚汁、すきやきなどに使われますよね。

でも、それ以外だとなかなか食べることがない「こんにゃく」ですが、実は非常にローカロリーでダイエットには最適なんです。

それでは、日本が誇るヘルシー食材の代名詞「こんにゃく」についてご説明していきたいと思います。

こんにゃくとは?

こんにゃくとは、サトイモ科のコンニャクイモからつくられる食物で、インドシナ半島が原産地です。わが国には平安時代に伝わったといわれています。こんにゃくは昔から「おなかのお掃除役」として、広く親しまれてきました。

こんにゃくの特徴

こんにゃくは、商品によって多少の誤差がありますが、95%が水分、2%が食物繊維となっており、とても低カロリーの上、お腹に溜まりやすく、主成分にグルコマンナンを含んでいることが特徴です。

摂取カロリーは、板こんにゃく1枚で、たったの21kcalです!

グルコマンナンは、人間の消化酵素では分解できない食物繊維です。このグルコマンナンが消化されないまま腸に入り、水分を吸収して膨らみ、腸内を移動するあいだに便をやわらかくしてくれるのです。その結果、便通をよくし、老廃物を体外に排泄してくれます。

こんにゃくの食べ方

おススメは夕食のメニューに「こんにゃく」を加えてみてください。

やはり、なかなか朝や昼の時に「こんにゃく」を食べるのは難しいと思うので。

こんにゃくをご飯や麺などの炭水化物の代わりとして食べたり、おかずの中に入れたりなどアレンジしてみてください。

ただし、早く痩せたいからと夕食をこんにゃくだけしか食べないとかは、やめましょうね。

お腹がどうしても空いてしまったときや、おやつなどには、こんにゃくゼリーなどがおススメです。

こんにゃくレシピ

冒頭にも書きましたが、おでん、豚汁、すき焼きなどがありますが、それ以外で私がおススメするのは以下の3つです。

その①
玉こんにゃく
自宅でできる簡単こんにゃく料理です!ダイエットに、お酒のおつまみに、残ったらお弁当になど様々な場面で活用することができます。
カンタンにできる!屋台の味、玉こんにゃく

その②
こんにゃく米
ご飯に混ぜるだけなのでとっても手軽で簡単です。ご飯をつい食べ過ぎてしまうという方におススメです。
こんにゃく米で我慢ゼロのダイエット!

その③
マンナンレバー
生レバーにそっくりなこんにゃくで見た目もそっくり。こんにゃくなので食中毒の心配もなくローカロリーです。
生レバー風こんにゃく



こんにゃくを食べるうえでの注意点

注意する点と言えば、「食べ過ぎないこと」です。

ローカロリーだからといって食べ過ぎてしまうと、こんにゃくに含まれる食物繊維が消化しきれなくなり、腸内に残り、やがて腸閉塞を起こしてしまう可能性があります。

こんにゃくに含まれる食物繊維・グルコマンナンの一日の摂取量の目安は、4~5gと言われていて、板こんにゃくに換算すると、250g程度となります。

ですので、一日で食べるこんにゃくの上限は、通常売られている板こんにゃく(200~250g)1つとして考えましょう。

終わりに

いかかでしたでしょうか、「こんにゃく」

こんにゃくと言っても、板こんにゃくだけではありません。玉こんにゃくや糸こんにゃくなど様々な形があるので、色々な楽しみ方ができると思います。

ちなみに、コンニャクの原料となるコンニャクイモ産地、日本一の群馬県には世界遺産富岡製糸場から車で約15分の所に、こんにゃくパークというこんにゃく料理の無料バイキングのほか、こんにゃく手作り体験教室、工場見学などが楽しめる体験施設があります。

週末に、ご友人、彼女、家族で遊びに行ってみると楽しいと思いますよ。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

では、今日も一日健康で。

こんにゃくダイエットメニュー―食物繊維が豊富で超低カロリー (SERIES食彩生活)

Follow me!