つらい悩みに”重炭酸”浴が大反響!!「ホットタブ重炭酸湯」

平日は忙しくてシャワーで済ませしまう方って多いと思います。

でも、一日の疲労回復に重要な役割を果たすのが「入浴」です。

良い「入浴」ができれば、血行の流れが良くなり、良い睡眠へとつながっていきます。

そこで今回ご紹介したいのが、「ホットタブ重炭酸湯」です。

この「重炭酸」ってところがポイントです!

それでは、そんな「ホットタブ重炭酸湯」についてご説明していこうと思います。

美容・健康に!ホットタブ重炭酸湯

ホットタブ重炭酸湯とは?

重炭酸は、そもそもドイツ生まれの入浴法です。

世界有数の炭酸泉大国であるドイツでは、温泉療養地における「中性重炭酸泉」が古くから注目されてきました。

健康維持、疲労回復、ケガや病気からの回復など、多くの効能があるとして、様々な用途で利用されています。

「中性重炭酸泉」は健康・長寿のカギと言われ、未病への取り組みとして一翼を担っています。

そんな 「中性重炭酸泉」 を自宅で体感することができるのが「ホットタブ重炭酸湯」なんです。

「ホットタブ重炭酸湯」は、錠剤タイプの入浴剤。

個別包装ではなく、ジッパー式の袋にそのまま入っています。

【ホットタブ重炭酸湯】


利用方法

「ホットタブ重炭酸湯」の利用方法は至って簡単です。

お風呂の浴槽にお湯を張り、「ホットタブ重炭酸湯」」を4粒入れてください。

パッケージの説明には200リットルに4錠と書いてありますが、200リットルが一般家庭の平均的な湯量ですので、いつも通りの湯量で構わないと思います。

タブレットが溶けきるまで10~20分くらい掛かるので、入浴する前に入れておくと良いかもしれませんね。

また、シュワシュワと炭酸がでている間だけ効果があるわけでなく、「ホットタブ重炭酸湯」が溶けても効果は24時間続くので安心してください。

入浴してみると、、、

実際、この「ホットタブ重炭酸湯」を使用して感じることがあります。

・カラダがポカポカになること

・血流が良くなることによって、肩こりや腰痛が和らぐ

・この結果、眠りが深くなり熟睡することができる

ですので、 腰痛・神経痛・肩こり・冷え症 の方には、ドイツ生まれの重炭酸入浴法は非常におススメです。

終わりに

いかがでしたでしょうか、 【ホットタブ重炭酸湯】

立ち仕事や、デスクワークで滞りがちな身体の血流、夜間に受ける光などの刺激による交感神経の乱れは、現代人にとって慢性的な疲労の原因の一つとなっています。

「ホットタブ重炭酸湯」を使った入浴を行えば、血流を促し、体温が上がることで副交感神経が優位になります。

同時に身体中への栄養物質の運搬がスムーズになることで、疲れた心身を和らげ、ぐっすり眠る準備が整います。

これは自律神経を調節する働きにもつながり、日々の疲労回復に効果が見込めます。

是非、一度この「ホットタブ重炭酸湯」を利用してみてカラダのコンディショニングを整えてみてはいかがでしょうか?

最後まで読んで頂きありがとうございました。

では、今日も一日健康で。

つらい悩みに”重炭酸”浴が大反響!!【ホットタブ重炭酸湯】




Follow me!