中性脂肪が気になる人にはESP配合の「イマークS」がおススメ!

男性も女性も、中高年になれば「中性脂肪」という言葉には敏感になりますよね。

年齢を重ねていくと、どうしても基礎代謝が落ちてしまうので、中性脂肪がたまりやすくなってしまいます。

そこで、今回ご紹介したいのは、「イマークS」です。

「イマークS」とは、魚ソーセージで有名な水産大手のニッスイが開発した、血中中性脂肪を下げるトクホ(特定健康食品)飲料です。

では、そんな「イマークS」についてご説明していこうと思います。



 

イマークSとは?

イマークSは、青魚に含まれるサラサラ成分であるEPADHAが手軽に摂取できるドリンクです。

これ1本にEPA(600mg)とDHA(260g)が合わせて860mgも含まれていて、厚生労働省が発表している1日の摂取量の約8割を摂取可能なんです!

ヨーグルト風味で、魚が苦手な人も続けられます!

 

EPAとは?

EPAは、エイコサペンタニン酸の略語で、いわしなどの青魚に多く含まれるオメガ3系多価不飽和脂肪酸の一種です。

脂肪酸とは、脂質いわゆる「油」を構成するモトになるものです。

EPAは、体内でほとんど作ることができない必須脂肪酸なので、特に青魚を食べる機会の少ない方、飲み会が多い方、食生活が不規則な方は、毎日の食生活を通じて、EPAを積極的に摂取する必要があるんです。

 

DHAとは?

また、DHAはドコサヘキサエン酸の略語で、これも私たちの体に必須の脂肪酸(栄養素)です。

「必須」と言うだけに、人間の脳や目の網膜、それから心臓(心筋)、胎盤や精子、母乳に多く含まれています。

それほど大切な存在でありながら、DHAもまたやっかいなことに体内ではほとんど作られず、外部から摂る、つまり食事を通じて摂取するしかないのです。

 

イマークSおススメの理由

では、なぜイマークSなのか?

そもそも、中性脂肪の数値が上がると善玉コレステロールが減り、動脈硬化の原因になります。

動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞の原因にもなるんです!

では、その対策には何が良いかというと、血中中性脂肪を低下させる作用のあるEPA、DHAを摂取すると良いんです!

しかしながら、上記でもご説明したように、EPA、DHAを毎日の食事だけで補うことは正直難しいんです。

そこで、おススメしたいのがドリンクタイプで手軽に摂取できるイマークSなんです!



 

こんな人におススメ

イマークSは、このような方たちにおススメです。

・中性脂肪値が高い方・食生活が偏りがち・お酒をよく飲む・運動不足な方
・魚が不足・摂取したいが苦手な方
・健康診断で引っかかってしまうような方

特に中性脂肪に悩み対策している方や、これから対策を考えている現代のサラリーマンには特におススメしたいですね。

 

摂取方法

1日1本、まずは10日間続けてみましょう!

常温でも良いですし、冷やして飲んでも美味しいですよ。

4~12週間の継続飲用で、血中中性脂肪が約20%が低下したという実験結果もあります!

味は、毎日飲みやすいヨーグルト風味。

カロリーも1本(100ml)あたり、たったの26kcalです!



 

終わりに

いかがでしたでしょか、「イマークS」

お試しセット10日分が1000円(税別)+送料無料とチャレンジのハードルが低いのが嬉しいですよね。

是非、一度試してみてはいかかでしょうか?

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

では、今日も一日健康で。

ニッスイのイマークS、初回限定で10本1,000円+送料無料!



Follow me!