ダイエットをするなら知っておきたいトランス脂肪酸

トランス脂肪酸って言葉聞いたことありますか?

トランス脂肪酸とは、油類に含まれる栄養素の一つです。

植物油を加工して作られた油脂や、それらを使用した加工食品に含まれます。

また、悪玉コレステロールを増加させ、心臓疾患や動脈硬化のリスクを高める恐れもあります。

乳製品などにもともと含有しており、マーガリンはトランス脂肪酸の含量がもともと多い商品です。

トランス脂肪酸は天然由来のものと人工的なものの二つあります。

天然由来とは、肉や乳製品などそれらに含まれるとものです。これに関してはそもそも含まれている量が微量なので体に及ぼす影響は低いと考えれています。

人工的なトランス脂肪酸は、植物油に水素を添加し化学反応を起こすことで発生し、こうした油脂は「部分水素添加油(硬化油)」と呼ばれます。この加工により液体の油脂を固体にすることができ、油脂の安定性の向上や食感を良くする効果が生まれますが、摂取過多は健康への影響があると考えられています。この人口的なトランス脂肪酸が問題とされています。

アメリカでは、今年6月から規制を開始しました。

以前からこうした危険性が問題視されており、

アメリカの連邦政府は
2006年  トランス脂肪酸の含有量の表示を義務化
2015年  トランス脂肪酸の規制を決定
2018年6月 アメリカ全土で部分水素添加油の食品への使用を禁止することを発表

部分水素添加油は、食品への使用に関して安全とは認められないと判断されています。

では、トランス脂肪酸に気を付けるにあたってこのトランス脂肪酸が含まれている食品を知る必要がありますよね。

トランス脂肪酸を多く含む食品って身近なところにかなり多くあります。

正直このトランス脂肪酸を含む食品を摂取しないことがダイエットの近道なんじゃないかなと思います。

パン派の人は要注意

マーガリン

ピーナッツバター

菓子パン

コーヒークリーム

お手軽で便利なインスタント食品

カップ麺

インスタント麺

レトルトカレー

ジャンクフード

フライドポテト

チキンナゲット

フライドチキン

デザート

ケーキ

お菓子

クッキー

ビスケット

ポテトチップス

おわりに

こうやって見てみるとあきらかにダイエットと敵と思える食品ばかりですよね。

ダイエットをするうえで是非上記食品について注意してみてください。

ただしどうしても食べたいって思うときは食べて良いと思います。

上記食品を全て食べないってことができれば素晴らしいことだとは思いますが正直なかなか難しいかなと思いますし。

それにあまり制限の多い人生ってつまんなくないですか?

なにか自分自身のご褒美や、週に1回くらいならまったく問題ありません。

一週間の中で規則正しい生活をしていればその中の一日くらい食べても大丈夫です。

我慢することによってストレスを生み出してしまうことがダイエット自体に良くないことですから。

ダイエットを楽しみましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

では、今日も一日健康で。

菜の花香る一番搾り。なでしこ健康生活の【なたね油】

Follow me!