食べてやせる! カリフラワーライスダイエット

おススメの一冊

1カ月半で-4.6㎏減! 2カ月半で7kg減!

実際にカリフラワーライスを取り入れてダイエットに成功した3人を掲載。

低糖質、低カロリーで、満足感が高い「カリフラワーライス」は、カリフラワーをポロポロにするだけ。

見た目がライスのようで、どんな料理にも合うので、ご飯と置き換えるだけで無理なくダイエットに取り組めます。

本書では、献立、人気メニュー、サラダ、スイーツなど、カリフラワーライスがおいしく食べられるレシピを満載。

糖尿病の研究者で薬学博士・金本郁男教授が監修する低糖質ダイエットのコツと、イタリア料理研究家・石川みゆきさんによるレシピで、おいしく食べながらダイエットができる1冊です。

同じ80gで比較すると、糖質量はご飯の1/16、カロリーは1/6!

アメリカでは有名人がダイエットに取り入れたことでも話題になり、商品化もされています。

生姜焼きに、カレーに、チャーハンに、サラダに・・・食事のバリエーションが楽しめるのが、カリフラワーライスのメリットです!

おススメの一冊 「4日間で脂肪だけをキレイに落とす本」

本日のおススメの一冊

「4日間で脂肪だけをキレイに落とす本」

たった4日間で、脂肪が約2kg落ちた!筋肉を維持しながら、脂肪だけが落ちる!必要な栄養がとれるので、おなかが空きにくくストレスもなし!短期集中で、体内の汚れを一操できる!成功率98%!リバウンド知らず。薬をすすめない薬剤師が教える、安心・確実なファスティングプログラム。

内容紹介
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
たった4日間で脂肪だけが約2kgも落ちた!
究極の楽やせダイエット! !
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ダイエットや健康、美容法として人気のファスティング(断食)ですが、
その方法によっては、「一時的に体重が減ってもリバウンドしてしまう」
「おなかが空いてイライラしてしまう」といったデメリットも。

本書で紹介するファスティングは、“薬をすすめない”薬剤師が考案した、
まったく新しいファスティング・メソッド。

筋肉の材料となるたんぱく質をはじめ、糖質、脂質など、体がよろこぶ栄養素を
たっぷり入れたドリンクを使用するプログラムです。

★筋肉量をキープしながら、
“脂肪だけ”をスッキリ落とせる!

★おなかが空きにくいので、ラクに行える!

★体が飢餓状態にならず、リバウンドしにくい!

といった、メリットが満載。

4日間という短期間で、体重が2.1kg減、そのうちの1.9kgが体脂肪という
驚異の結果が出た人も。

生涯、太らず、健康でいるために、本書のファスティングで
その第一歩を踏み出してください!

4日間で脂肪だけをキレイに落とす本

おススメの一冊 「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」

おススメの一冊

「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」

津川 友介 著

出版社: 東洋経済新報社

内容紹介
ハーバード大学を経てUCLA助教授として活動する医師が、あなたに教える不動のルール

健康になるための「体に良い食品」はこれだけ!
あらゆる食品をエビデンスベースで5グループに分類

●バターコーヒーは×
●グルテンフリーは×
●100%果汁でもジュースは×
●βカロテンは×
●白米は×

今あなたが信じている健康情報は本当に正しい情報でしょうか。
お医者さんや栄養士さんが言っていたから正しいと思っていないでしょうか。
専門の資格を持っていると正しいことを発信しているように見えますが、そうとは限りません。

せっかく健康意識の高い人が、テレビや本の誤った情報を信じてしまうことで、
その努力が無駄になったり、不健康になってしまうのはとても残念なことです。
実は、巷に溢れる「体に良い食事」には、個人の経験談だったり、
健康に良いという研究結果がごく少数のものも含まれています。

本書では、最新の膨大な研究論文をもとに複数の質の高い研究で
体に良いことが科学的に証明されている食事を紹介しています。
まずは2週間ほど本書で説明している食事法を続けてみてください。
自分の体が変わってきたことを実感できるようになるはずです。

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

おススメの一冊 「あなたという習慣を断つ」

おススメの一冊

「あなたという習慣を断つ」

ジョー・ディスペンザ (著)
東川 恭子 (翻訳)

あなたであることの習慣を破り、意識を完全に変えると、あなたの人生は変わります!最新の脳科学で、人生を変える!ノウハウ満載、最新の瞑想法!

内容紹介
世界26か国で翻訳されているベストセラー!
最新の脳科学で、人生を変える
4週間の実用的なプログラム

26か国の人々がこのメソッドを利用して人生を全面的に変えています。
あなたという習慣を断ち、意識を完全に変えると人生は必ず変わります。

人の一生は遺伝子が決めるものではなく、ある方向に運命づけられてもいないのです。
本書では、量子物理学、神経科学、脳科学、生物学、遺伝学を統合。
人生を変えるために必要な知識を授けてくれるだけでなく、
人生のどんなことでも、目に見える変化を起こす4週間のプログラムを掲載しています。

「人間性というものはどうやら、物事がいよいよにっちもさっちも行かなくなり、
通常の生活が出来ないほど不快な状況に陥るまで、変化することをためらうらしい。
危機的状況やトラウマ、喪失、病気、悲劇などに見舞われて初めて、
自分が何者か、何をしているのか、どう生きるのか、何を感じているのか、
何を信じ、何を知っているのかなどについて、真剣に向き合い、ようやく変化する覚悟を決めるのだ。

痛みや苦しみの中から学び、変化することは可能である。
喜びとインスピレーションの中で進化することだって可能である。
しかしほとんどの人は前者の道を受け入れる。
後者の道を選択するには、変化の過程では少しの間予定調和を手放し、
未知の領域に身を置くことになり、ほんの少しの不快感や不便さをおそらく感じるだろうと
知った上で変化する決意をする必要がある。

あなたという習慣を断つ ― 脳科学が教える新しい自分になる方法

おススメの一冊 「肥満・メタボを解消! ラクしてやせる101のワザ」

本日のおススメの一冊

「肥満・メタボを解消! ラクしてやせる101のワザ」

少し太っているだけだから、別に病気じゃないでしょ、と放っておいてはいませんか?肥満が進行することで恐ろしいのは、糖尿病、高血圧、関節痛や脳卒中まで…命に関わる病気にも発展しかねないこと。医師・専門家も実践したダイエットから、食べてやせる方法、気になるお腹まわりや二の腕などの部分やせまで、ラクしてやせるワザが集まっています。

内容紹介
医師実践の㊙ダイエット法を公開。
糖尿病・高血圧など万病の元でもある脂肪をスッキリ落として、健康診断の数値もオールクリア!

◆「少し太っているだけだから」「別に病気じゃないでしょ?」と何もせず、ぜい肉を放っておいてはいませんか?
◆ 肥満が進行することで恐ろしいのは、糖尿病、高血圧、関節痛や脳卒中まで……命に関わる病気にも発展しかねないこと。
◆医師・専門家も実践したダイエットから、食べてやせる方法、気になるお腹周りや二の腕などの部分やせまで、ラクしてやせるワザを集めました!

◆第1章 医師・専門家が実際に行った肥満・メタボから脱した㊙ダイエット法
◆第2章 ガマンは禁物! 食べてやせるワザ
◆第3章 たったこれだけ? のかんたん動作で肥満・メタボを解消
◆第4章 肥満・メタボのメカニズムと引き起こされる病気について/ちょっとした生活のコツでラクしてやせる ほか

肥満・メタボを解消! ラクしてやせる101のワザ

ゼロトレ 羽が生えたように軽くなる! 

おススメの一冊

ニューヨークで話題の最強のダイエット法、ついに日本上陸!

羽が生えたように軽くなる!

加齢とともに首、肩、背中、腰、足指などは縮んだり、ゆがんだりしながら元(ゼロ)の位置からずれていきます。

これによって、関節や筋肉がカチコチにかたまり本来の動きができなくなります。こうして体は老化し、太ります。

「ゼロトレ」は各部位が本来あるべき元のポジション(ゼロポジション)に戻すことで、体形をよくし、体重を減らし、
不調までも改善していく画期的なダイエット法です。

開発者で、著者の石村友見さんがニューヨークでこれを発表すると、またたく間に評判になりました。

「ゼロトレ」は1日5分ででき、すべてのエクササイズを「寝ながら」できるので体の負担も少なくてすむ画期的なメソッドです。そのため、何歳からでもできます。

ダイエットの悩みや体の不調に苦しむ方はぜひ、実践してみてください。4週間後「羽が生えたような軽い体」をきっと体感できるはずです。

ゼロトレ

体幹を鍛えれば姿勢もよくなり、ポッコリお腹も解消。疲れにくくもなりダイエットにも効果あり!

皆さん「体幹」という言葉聞いたことありますか?

体幹とはその名の通り、体の幹ということです。

プロサッカー選手の長友佑都選手は大学3年生の時、腰椎分離症とヘルニアを患い、走ることさえできない状態が続いていました。そんな時にこの「体幹」に出会い、KOBAスポーツエンターテイメントの木場克己さんの指導を受けた結果、わずか2か月で試合に復帰でき、プロ行きが決定したという話があります。

そんな「体幹」。決してプロスポーツ選手のみが行うものではなく、私たち一般人にとっても実は必要不可欠なんです。

筋肉は40代から衰えていくので、動きの土台となる体幹を鍛えるのは、アスリートではなく、普段運動していない人にこそ必要です。転倒しない体は体幹トレでつくることができるのです。

では、そんな「体幹」についてご説明していきたいと思います。

改めて体幹とは?

元々体幹とはその文字が示す通り、体の幹ということです。体の幹ですから、いわば胴体の部分を指します。つまり体幹を鍛えようということは、胴体を鍛えようということです。

いくら腕や足を鍛えてもそれらを支える胴体部分がきちんとしていないと各自の機能を活かすことはできないのです。

この場合の体幹とは胴体部分のことですから、具体的には胸、背中、腰回り、腹筋、お尻はすべて体幹の構成要素ということになります。

さらに、胴体という中でももっと詳しく説明すると「腹腔」というお腹の内臓が詰まった部分を囲んでいる部分のことを体幹とも呼びます。

この「腹腔」は、
◆腹横筋
◆多裂筋
◆横隔膜
◆骨盤底筋群
この4つの筋肉で囲まれていて、ここがしっかりとしていると結果として体の中心がしっかりとしていきます。

これらはすべて体の内側になるので、インナーマッスルとかローカル筋などと呼ばれていて、体の外からはそれが強いのか弱いのかが見分けにくいという特徴があります。

体幹を鍛えるメリット?

体幹を鍛えるメリットを一言で表現するならば、力を十分に発揮しやすくなるということです。

それはスポーツなどの競技の場合は特に分かり易いメリットとなりますが、それ以外の日常生活においても力を発揮しやすくなるメリットは大いに感じることできます。

例えば、毎朝の通勤電車内でよろけない、重い荷物を持てる、姿勢がよくなる、息切れしにくくなる、疲れが溜まらない、腰痛が治る、等々、まさに日常に密着したメリットだらけです。

力は筋肉が生み出すものですが、それが効率よく伝わってスムーズに動きへと変換されていくためには体の軸である体幹がしっかりとしていなくてはなりません。

逆に言えば、この体幹がしっかりとしていると末端の手足で発揮する力が大きくなるということでもあります。

おススメの一冊

「体幹トレーニングと出会わなければ今の僕はない」
そう断言するプロサッカー選手・長友佑都。
その長友選手を作り上げた体幹トレーニングがこの一冊にまとまっています。
本人がモデルとなり、やり方、呼吸法などポイントを紹介しています。

特徴は、実際に行ってきたトレーニングを20個厳選している点。
そしてその20個から、
「ダイエットしたい」
「腹を凹ませたい」
「腰痛を解消する」
「キック力を上げる」
「ぶれないカラダ」
「投げる力をつける」
「姿勢をよくする」
「疲れないカラダ」
という目的別のトレーニングメニューと長友選手の小学生時代から現在までを振り返りながら綴る年代別のトレーニングも紹介しています。

初心者から上級者まで無理なく、高い目標を実現できる至高の1冊となっています。

終わりに

いかかでしたでしょうか、「体幹」

スポーツ選手に限らず日常生活の中でヘルニアで腰痛でお困りの方にもこの体幹を鍛えることは非常に効果的です。

また、大人に限らず子供もできますので親子で一緒にやってみるのも良いかもしれませんね。

この体幹トレーニング、根気よく続けることで忍耐力もつきます。

1回15分、週1~3回でも十分効果は期待できると思います。

是非一度試してみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

では、今日も一日健康で。

長友佑都体幹トレーニング20

世界の最新医学が証明した 長生きする食事

本日のお勧めの一冊

「世界の最新医学が証明した 長生きする食事」

日本人初の米国アンチエイジング学会認定医 満尾正【著】

糖尿病、認知症、肥満、心臓疾患になる前に知っておくべき、医学的に正しい食べ方とは?

ハーバードで栄養学を学んだ医師が教える病気にならない食習慣のすべて!

だれも“老い”から逃げることはできません。

しかし、同じ年齢でも
・5~10歳は若く見える
・いつも元気で具合が悪い様子を見たことがない
・好奇心旺盛で活動的
・心臓、脳、骨、血管のどこにも異常がない
・頭がはっきりしていて物覚えがよく物忘れもしない
というような人がいます。

この差はいったい、どこからくるのでしょうか?

「〇〇だけを食べれば解決する! 」
「〇〇さえやれば、病気にならない! 」
そんな次から次へと現れる健康法に翻弄されて、「いったい何がいいのかわからない! 」という人は多いことでしょう。

本書は、そんな方々のために、最先端の科学的な裏付け、特に抗加齢医療の知見をもとに、元気に長生きするための正しい食習慣をご紹介するものです。

年齢を重ねながらも体の若々しさを維持する方法は、最新科学で次々と判明しています。そのなかで、大きなウエイトを締めるのが、
本書で紹介する食事なのです。

先にあげたような“健康格差”は、60歳を超えるとさらに加速します。

何を食べて、何を食べないかという選択が
肥満になるかどうか
病気になるかどうか
見た目に老けるかどうか
の大きな分かれ道となるのは間違いありません。

・規則正しく食べなくていい
・食べると太る時間帯、太りにくい時間帯がある
・血糖値を上げない食べ方
・性ホルモンを維持する食べ物
・スナック菓子、清涼飲料水は“飢餓感”を起こす
・風邪からガンまで防ぐスーパービタミン
・糖尿病、認知症予防の薬になるオイルとは
・野菜は一日4色食べる
・コレステロール値は食べたものに栄養されない
・ビールで尿酸値が上がるというウソ
などなど、
科学的な裏付けのある、正しい食事法こそ、あなたの体を生涯守る、心強い薬となるはずです。