バランスボールでインナーマッスルを鍛え新陳代謝アップへ!

バランスボールは、身体の中心部分、インナーマッスルを気軽に鍛えられる運動アイテムです。

座っているだけでも、身体を安定させようと様々な筋肉を使うため、普段あまり使わない筋肉に刺激が入り、代謝が上がったり、歪みを調整したりできます。

また、少し運動のコツを覚えるだけで、より高い効果が期待できるのも嬉しいポイントです。

では、その「バランスボール」についてご説明していこうと思います。

 

バランスボールダイエットのポイント

ポイントは、基本の座っている姿勢の維持を大切にすることです。

まずはバランスボールに正しく座る習慣を身につけましょう。

その時注意して欲しい点が2点あります。

1.太ももが床に対して平行になるように座る。
この時、腰が反ったり猫背になったりしないように少しお腹に力を入れて逆に肩の力を抜いて下さい。

2.左右のお尻に均等に体重が乗るように姿勢を安定させながら、おへその下あたりに力を入れて、お腹を軽くへこますように姿勢を維持する。

正しい姿勢を保とうとすることで、普段使われにくい筋肉が使われまるようになり、身体の筋肉の活動量が上がります。

この基本姿勢が身についたら、次はバランスボールを使ったエクササイズに入っていきましょう。

 

バランスボールエクササイズ

まずはウォーミングアップです。

正しい姿勢を保ちながら、30秒程度を目安にボールの上で大きく弾んでいきましょう。

そうしたら、次は腹筋です。

そして、腕立て

セット数や回数はご自身のカラダと相談しながら行ってください。

バランスボールを使うことによって、腕立て伏せも腹筋もバランスを考えながらやるので、普通に行うときとは違った部分の筋肉に刺激を与えることが可能となります。

結果、不安定な中での運動により負荷が多くかかることによって、筋肉の活動量は増大するのです。

 

バランスボールの効果

バランスボールは座っているだけで腹筋や背筋を中心とした体幹と言われる身体の中心部のエクササイズとなります。

ボールは左右や前後に力が働くと簡単に転がってゆきます。ということは姿勢が悪い状態で座れば、ボールは転がろうとしますので余分な力を必要とします。そうならないように、身体は自然にバランスを取るようになり、普段使っていない筋肉が使われることで、ダイエット効果に繋がります。

バランスボールの使用によって期待できる多様な効果としては、

インナーマッスルを鍛える:体の深層部にあるインナーマッスルを鍛えることは難しいと言われますが、バランスボールを椅子の代わりに利用すれば、バランスを保つために座っている間にインナーマッスルを鍛えます。

新陳代謝を上げる:バランスボールを使ってインナーマッスルを鍛えることで、内臓の動きが活発になり、血液循環が促進されることから、新陳代謝が上がり、むくみの解消にも繋がります。これによって、ダイエットにも効果があります。

姿勢矯正と体の引き締め効果を実現する:バランスボールの使用によって、背筋が伸びて、下腹部やウエスト部分の筋肉が鍛えられるので、姿勢矯正と体の引き締め効果を実現できます。これは、猫背や悪い姿勢による腰痛の改善にも効果があります。

 

終わりに

いかかでしたでしょうか、「バランスボール」

このバランスボールは、トレーニングしたいのに、わざわざジムに行くことは面倒だと思う、忙しくてなかなか運動時間がなくて困る人たちに最適なトレーニング道具だと思います。

バランスボールに座るだけで、テレビを見たり、音楽を聴いたり、仕事や読書をしたりしながら、体に引き締めや筋肉強化、ダイエットなどの効果を実現できます。日常生活中に、楽に運動できます。

価格も比較的安価なので、安心して購入できますよね。

もし会社で許されるのなら、デスクワーク時の椅子の代わりに使ってみて欲しいと思います。

是非、一度試してみてはいかがでしょうか?

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

では、今日も一日健康で。

Trideer バランスボール 55 65 75 cm (ブラック, 55 cm)

2ヶ月であなたは確実に生まれ変わる!パーソナルトレーニングなら【Kenz】

Follow me!